スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by TBVector  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

やり直し学習の理想と現実

数学のできない中学生が、実は算数(小学校)の理解や練習が不十分なことが原因であったり、中学時代に英語をサボっていたために、英語の苦手な高校生というのは少なくありません。

前者であれば、小学校の内容に戻って、後者であれば、中学校の内容に戻って復習をするのが理想的ですが、こういう子に限ってプライドがやたらと高かったり、基礎学習の大切さを理解していなかったりするものです。

そのため、過去にさかのぼって(それも、学年ではなく学校をさかのぼって)復習をしようとするとプライドをひどく傷つけてしまったり、(出来ない問題もあるのに)何問かうまくいっただけでできる気になってしまい、なかなかうまくいきません。

こういう生徒の場合、使用する教材に工夫が必要です。

続きを読む »

スポンサーサイト
テーマ: 家庭教師 -  ジャンル: 学校・教育
by TBVector  at 20:09 |  指導のコツ |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

埼玉県公立高校入試問題 英作文解説 2009年(平成18年度)

問1. 次の3つの内容を2文の英文で書きなさい。
  • 私の兄は、歌を聞いているところです。
  • その歌は、有名な歌手が歌っているものです。
  • その歌は、多くの人たちに愛されています。

続きを読む »

テーマ: 高校受験 -  ジャンル: 学校・教育
by TBVector  at 16:04 |  英語 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

数研出版 4STEPとサクシードの違い

数研出版から出ている教科書傍用の問題集はレベル別に様々なものがあります。

数研出版のホームページにあるレベル表を見ると、上から順に、オリジナル、4STEPサクシード、スタンダード、・・・と並んでいますが、この表を見ただけでは4STEPとサクシードの差がよくわかりません。よく見ると若干4STEPの方が点線が長い(つまり、より発展的な問題が載っている)のですが、太線や丸はサクシードとまったく同じ位置にあります。

しかし、実際に本の中を見てみるとその差は歴然です。

続きを読む »

テーマ: 算数・数学の学習 -  ジャンル: 学校・教育
by TBVector  at 12:07 |  数学 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

応用○○学科と○○学科の違い(ex.応用物理学科と物理学科)

応用○○学科という名前を持つ大学の学科があります。例えば、応用化学科、応用物理学科、応用数学科・・・などです。これと、化学科、物理学科、数学科・・・がどう違うのかわからない受験生の方が多いと思います。

高校時代の私のように「応用って付いてる方が難しいことするんだろう。」と思っている方もいらっしゃると思いますが、それは違います。○○学科は科学を、応用○○学科は工学を学ぶ(研究する)ことを目的としています。つまり、「応用」という言葉は、工学的「応用」を意味しています。
テーマ: 大学受験 -  ジャンル: 学校・教育
by TBVector  at 18:48 |  入試 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

公式って変化球みたいだよね

高校野球が熱い時期になりましたね。
そこで、変化球と(数学や理科の)公式の共通点について考えてみました。

変化球
変化球(の投げ方)を覚えたからといって、いきなり試合で投げてもバッターを討ち取れないどころかちっとも曲がらないただの遅い球で、逆に打ちやすいんじゃないでしょうか?

これは数学や物理の公式と似ていると思います。

公式
公式を覚えてテストに挑んでも、上手く使えなくて問題が解けない、というより、そもそも使いどころが分からない。結果、悲惨な点数に・・・

スポーツも勉強も練習が大切ですね!
テーマ: 算数・数学の学習 -  ジャンル: 学校・教育
by TBVector  at 12:41 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

夏休みにおすすめの問題集~中学1年生~

夏休みは学校の授業が進まず、まとまった時間を取ることができるため、復習をする上で最もよい時期です。

しかし、復習と言われても何をしたらよいか分からない方も少なくないと思うので、夏休みにおすすめの問題集をさまざまなケースに合わせて紹介します。今回は中学1年生向けの問題集です。

続きを読む »

テーマ: 中学校生活 -  ジャンル: 学校・教育
by TBVector  at 19:36 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

フレミングの法則は学習指導要領外

先日、中学理科1分野の教科書に「フレミング左手の法則」が記載されていないことに気付きました。

学習指導要領を調べてみたら

レンツの法則,フレミングの法則は扱わないこと。

とあり、現在のカリキュラムではフレミング左手の法則は教えないことになっているようです。

しかし、電流と磁界の向きから力の向きを求める問題は健在です。

図でわかる中学理科1分野」にフレミング左手の法則を使わない方法の詳しい図解と例題が載っていますので、生徒だけでなく指導者の方にとっても参考になると思います。

図でわかる中学理科1分野〈物理・化学〉―中1~中3 (未来を切り開く学力シリーズ)図でわかる中学理科1分野〈物理・化学〉―中1~中3 (未来を切り開く学力シリーズ)
湯村 幸次郎

文芸春秋 2006-03
売り上げランキング : 3409
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
テーマ: 高校受験 -  ジャンル: 学校・教育
by TBVector  at 23:38 |  理科 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

TBVector

Author:TBVector

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
タグ
リンク
私の管理するサイト

ブックマーク

その他

最近のコメント
ブログ内検索
おすすめ
アクセスカウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。